使用方法のご紹介 セルエイド Pタイプ

使用方法のご紹介

抗凝固化された血液を分注コネクタよりシリンジで20mL分注します。
遠心分離後の様子。上清と血球の界面を乱さないよう気をつけてください。

空気が入っているシリンジを逆止弁に取り付け、ゆっくりと注入します。※シリンジを急激に押すと界面が乱れる恐れがあります。
空の遠沈管にベント(通気チューブ)、加圧コネクタ、シェルカバーの順に収納します。

クランプ2(白)を開けると同時に、2次容器の上清が1次容器へと返却されます。
シリンジを用いて、分離した血液成分を取り出します。

●製品の構成

加圧チューブは、遠沈管と1次容器の間(みどり色で示す領域)に繋がっています。
※シリンジで加圧コネクタから空気を送り込むことで、1次容器を加圧し、上清を2次容器へ移送できます。

動画データに関するお問合せ

動画をご覧になりたい方は、下記メールよりご請求ください。
お問い合わせ

関連情報

注意事項