診療報酬 セルエイド Pタイプ

診療報酬

J003-4 多血小板血漿処置
4,190 点
  • 注1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において行われる場合に限り算定する。
  •  2 多血小板血漿処置に伴って行われた採血等の費用は、所定点数に含まれるものとする。
  • 令和2年 厚生労働省告示第57号
  • (1) トラフェルミン(遺伝子組換え)を用いた治療又は局所陰圧閉鎖処置を28 日以上行っても効果が得られない難治性皮膚潰瘍に対して、多血小板血漿処置を行った場合に限り算定する。なお、診療報酬明細書の摘要欄に当該処置を行う医学的必要性を記載すること。
  • (2) 一連につき2クールを限度として行い、1クール(4週間に限る。)につき1回を限度として算定する。
  • (3) 部位数にかかわらず、所定点数により算定する。
  • (4) 多血小板血漿処置を算定する場合は、一連の期間内において、区分番号「J001-4」重度褥瘡処置、「J003」局所陰圧閉鎖処置(入院)、「J003-2」局所陰圧閉鎖処置(入院外)及び「J053」皮膚科軟膏処置は併せて算定できない。なお、区分番号「J000」創傷処置又は「J001」熱傷処置は併せて算定できるが、当該処置が対象とする創傷を重複して算定できない。
  • 令和2年3月5日 保医発0305第1号
  • 【施設基準】
  • 当該療養を行うにつき必要な体制が整備されていること。
  • 令和2年 厚生労働省告示第59号
  • 1 多血小板血漿処置の施設基準
  • (1) 形成外科、血管外科又は皮膚科を標榜している保険医療機関であること。
  • (2) 形成外科、血管外科又は皮膚科の常勤医師が2名以上配置されていること。また、このうち1名以上は当該診療科について5年以上の経験を有していること。
  • (3) 常勤の薬剤師又は臨床工学技士が1名以上配置されていること。また、臨床検査技師が配置されていることが望ましい。
  • (4) 当該処置の実施に当たり、再生医療等の安全性の確保等に関する法律第3条に規定する再生医療等提供基準を遵守していること。
  • (5) 関係学会等から示されている指針に基づき、当該処置を適切に実施していること。
  • 2 届出に関する事項
  • (1) 多血小板血漿処置に係る届出は、別添2の様式48 の7を用いること。
  • (2) 再生医療等の安全性の確保等に関する法律第3条に規定する再生医療等提供基準を遵守していることを証する文書として、地方厚生(支)局で受理された再生医療等提供計画の写しを添付すること。
  • 令和2年3月5日 保医発0305第3号

※掲載している点数表は令和2年度医科診療報酬改定に基づき作成していますが、請求の際は「診療報酬点数表」をご確認いただきますようお願いします。

関連情報

注意事項